ペイントビズ(PAINTBIZ)

2液水性中厚膜型エポキシ樹脂塗料フロアトップアクアエポ21

床用塗料

フロアトップアクア エポ21

二液水性中膜厚型エポキシ樹脂塗料
水性で、安全・使いやすく非危険物で保管場所にも困りません。

フロアトップアクア エポ21は、低臭で安全性(非危険物)に優れ、幅広い既存塗膜にプライマーレスで塗替え可能な床用塗料です。従来2回塗りの水性床用塗料と比較してローラー施工1回塗りで膜厚が付き、仕上りは高光沢を実現しました。優れた耐久性・耐汚染性を発揮します。

特長

  • 使う人に優しい高い安全性消防法非危険物・厚生労働省指針13物質非含有・学校環境衛生の基準指定6物質非含有 など
  • 幅広い塗膜にプライマーなしで上塗りができますアクリル系、アクリルウレタン系、エポキシ系の既存塗膜にプライマーなしで塗装できます。
  • 1回塗りで溶剤エポキシ2回分以上の膜厚で施工できます膜厚と耐摩耗性により塗り回数と塗り替えサイクルを削減します。
  • 優れた高光沢・耐汚染性フォークリフトが頻繁に走行する倉庫でも、洗浄剤「スーパーオイルクリーン」で汚れが簡単に拭き取れます。

用途

  • 耐久性や耐汚染性を求める工場、倉庫、事務所等の屋内床面
  • 低臭、非危険物、特定化学物質障害予防規則対応の床用塗料を使用したい現場

塗り面積

コーティング工法(塗り替え仕様)
30~40m²
コーティング工法(コンクリート面仕様)
30~40m²

標準色

7色
#9サマーグリーン・#11グリーン・#15ライムグリーン・#21アメリカングレー・#31スパニッシュブラウン・#40ベージュ・#50アイボリー

塗装できる既存塗膜(アトミクス製品について)

既存塗膜の成分製品名備考
アクリル(水性系)フロアトップ#1400、W#5000既存塗膜をサンディング後直接、上塗りできます。
アクリル(溶剤系)フロアトップ#5000、#5400
ウレタン(溶剤系)マークレス
アクリルウレタン(水性系)アクアクリーンU
アクリルウレタン(溶剤系)フロアトップ#7000
エポキシ(水性系)水性アトムエポクリーン
エポキシ(溶剤系)フロアトップ#8500、#8500速乾
エポキシ(無溶剤・ハイソリッド)フロアトップ#8000、エポワン、クイックアンダー

施工仕様例

①既存塗膜塗り替えコーティング工法
 工程製品名希釈剤希釈量(wt%)塗布量
(kg/m²)
施工方法塗装間隔
(時間/23℃)
1下地処理既存塗膜をポリッシャーサンダー(#100のメッシュまたは#100程度のペーパーを使用)等により全面サンディングしてください。
2上塗りフロアトップアクア
エポ21
0.3~0.4主剤と硬化剤を4kg:8kgの割合(重量比)で混合し、電動撹拌機にて充分に混合撹拌した後、あらかじめ区画割りした床面にローラーばけ、はけ等にて塗装してください。用具洗いは合成シンナーNo.6をご使用ください。
②新設コーティング工法
 工程製品名希釈剤希釈量(wt%)塗布量
(kg/m²)
施工方法塗装間隔
(時間/23℃)
1下地処理コンクリート打設後、4週間以上経過しており、含水率5%以下であることを確認してください。
下地に付着している土、泥、異物等を取り除き、またレイタンス、エフロレッセンス等をポリッシャーサンダー等で完全に取り除いてください。
特に、油汚れは塗料の付着不良を起こすため、完全に取り除いてください。
2下塗りエコワイドプライマー0.15~0.2主剤と硬化剤を9kg:3kgの割合(重量比)で混合し、電動撹拌機にて充分に混合撹拌した後、あらかじめ区画割りした床面にローラーばけ、はけ等にて塗装してください。3~8
2上塗りフロアトップアクア
エポ21
0.3~0.4主剤と硬化剤を4kg:8kgの割合(重量比)で混合し、電動撹拌機にて充分に混合撹拌した後、あらかじめ区画割りした床面にローラーばけ、はけ等にて塗装してください。