ペイントビズ(PAINTBIZ)

塗替え主力製品に、2製品追加 最高級グレード無機も登場《塗料報知提供記事》

2021.10.07

《塗料報知提供記事 2021年9月7日号》

エスケー化研は、戸建て塗替え市場主力製品の「プレミアムシリーズ」に、水性塗料最高級グレードの耐候性と超低汚染性を誇る「エスケープレミアム無機」を開発したと8月15日発表した。

同製品は、無機成分をナノレベルで複合化する新たな無機ハイブリッド技術を備えた無機系超耐候性樹脂で構成され、これにより強靭かつ柔軟な塗膜を形成する。また、ラジカルコントロール技術も同時に有しており、長期に亘り優れた保護性能を示す次世代型最高級グレードの超耐候性製品である。
さらに、塗膜表面を親水性にする独自の技術により、超低汚染性能も兼ね備え、汚れの懸念にも対応した製品となっている。

開発の背景には、新築市場では従来と比較して高耐候となるサイディングが多く採用されており、期待耐用年数も年々高くなっていた。
塗替え市場においても、同様に塗替え周期の長期化となる超耐候性や超低汚染性が望まれており、市場のニーズに対応する必要があった。
同社では「『エスケープレミアム無機』が、戸建を中心とした高耐候塗替え新時代の定番を目指す」と高付加価値製品への期待を示す。

さらに同日、戸建て塗替え市場において、窯業系サイディングのデザイン形状を生かしながら多彩な意匠性を付与する「エスケープレミアムTASAI工法」と同工法に使用する「エスケープレミアムサンドクリヤー」を開発したと発表した。

戸建て住宅、賃貸住宅等では新築時には工期、コストの観点から外壁に窯業系サイディングが使用されることが多く、従来の在来工法よりその割合は圧倒的に高くなっている。
また、近年サイディングは印刷技術、塗装技術の進化と共にさまざまな意匠を演出することが可能となっており、顧客の満足度を高めている。一方、その後の窯業系サイディングの塗替えにおいては単色での塗替えが主流になっているが、意匠にこだわった塗替えを要望する顧客層も存在する。
そこで同社は、窯業系サイディングの二色塗工法を提案するべく「エスケープレミアムTASAI工法」の開発に至った。

同工法は、効果的な二色を採用することで、窯業系サイディングのデザイン形状を最大限に生かした表情豊かな仕上がりを提供する。
さらに、オプション仕様として「エスケープレミアムサンドクリヤー」をトップコートに使用することで、上品で落ち着いたマットな質感を実現し、新築のサイディングのような意匠性の高い外壁の演出が可能となった

「エスケープレミアムサンドクリヤー」は光安定効果を有する水性ハイブリッドシリコン樹脂クリヤーであり、サイディング外壁を紫外線、水、熱から長期に亘り保護する効果も加わる。
同社では、塗替え市場の活性化のためには、塗替え周期の延長を考慮した超耐候設計と同時に、顧客ニーズは多様化しており意匠性の付与も重要と位置付けている。
℡072・621・7733

記事提供:『塗料報知』 2021年(令和3年)9月7日付(第4331号)


《お知らせ》
塗料報知新聞のピックアップ記事、掲載開始

ペイントビズは2021年10月7日より、株式会社塗料報知新聞社の発行する、塗料報知新聞の一部記事を、当サイト「ペイントビズ」上で公開を開始いたします。

本施策は2021年9月27日発表、ペイントビズ&塗料報知新聞社アライアンスパートナー締結に伴い、より多くの建築塗装関係者へ情報を伝えると共に、塗料報知新聞の正確で優良なコンテンツを体験していただく事を目的とし、新聞の抜粋記事を掲載。

塗料報知新聞は月3回。7の付く7日、17日、27日、塗料と塗装情報に特化した新聞を刊行。
ペイントビズでは塗料報知新聞が発刊された翌月、建築塗装関連の一部記事をピックアップし皆さまにお届けします。

塗料・塗装の情報取得は、必ず仕事の成果につながります。
ご興味のある業界関係者の皆さま、上記バナーへアクセスし、是非とも見本誌をお取り寄せください。

塗料報知新聞社

記事提供:塗料報知新聞社

塗料報知新聞社は、70年を超える歴史を誇る塗料・塗装業界専門新聞社です。
大正13年に『塗工之魁』を創刊して以来、業界の発展と共に歩み、昭和21年には題号を『塗料報知』に改め、塗料ならびに関連産業の発展に寄与して参りました。
編集方針に「真実・公正な報道に徹する」「気品ある新聞をめざす」を掲げ、幅広く強力な取材活動を通して迅速で正確な情報を業界内外へ発信、また媒体活動で得た豊富なノウハウを駆使して多彩な事業活動を展開しています。
これからも価値ある“塗料・塗装、コーティング業界のリーディングペーパー”としての役割を果たし、業界に役立つ情報を発信、交流を通して塗料産業のアピールと発展に貢献して参ります。