ペイントビズ(PAINTBIZ)

2液型ポリウレタン樹脂エマルション塗料水系ボウジンテックスU

PaintBizカタログは、実際のカタログをWeb版に変換したイメージ画像です。カタログ掲載の色見本は閲覧環境により色合いが異なります。各カタログの詳細に関しましては、お近くの塗料販売店にお問い合わせ頂き、実物のカタログをお取り寄せください。

床用塗料

水系ボウジンテックスU

地球にやさしく、強く、美しく

厚生労働省指定 室内空気汚染13物質無配合
環境にやさしく、安全に施工ができ、高レベルの光沢を有する塗料です。水系塗料でありながら非常に速い乾燥性を持ち、工程短縮が可能です。耐汚染性に優れ、タイヤマークがつきにくく、さらに優れた耐候性を発揮しますので外部での使用も可能です。

用途

  • 強靭な塗膜を必要とする一般工場・倉庫
  • リフトが走行する工場や倉庫
  • 耐油性、耐薬品性が要求される機械・印刷工場
  • 防滑性が必要な屋内パーキング(防滑仕上げ)
  • 耐候性が必要な屋外パーキングや遊歩道など

特長

  • 水分散型でありながら優れた乾燥性を有する
  • 水分散型ポリウレタンでありながら高光沢で強靭な塗膜が得られる
  • 水分散型なので火災の危険性が少ない
  • 水分散型なので溶剤臭が少ない
  • 耐候性がよく、外部用途に使用可能
  • 旧塗膜を選ばず直接塗装が可能( 溶剤系アクリル旧塗膜に対してはプライマーが必要となります)

塗装仕様

モルタル・コンクリート面

①平滑仕上げ
工程使用塗料希釈割合
(清水)
塗装方法塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内工程間最終養生
素地調整新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上)、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ず、ポリッシャーまたはライナックス等でプライマーが含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。既設モルタル・コンクリート面では、油分・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し、充分乾燥させる。また、クラック・不陸等はプライマー工程後、あらかじめエポキシパテ等で充填しておく。
下塗り水系ボウジンテックス
エポキシシーラーII
主剤7kg 硬化剤7kg
既調合ハケ
ローラー
10.12〜0.1688〜11660分以内4h以上
48h以内
上塗り水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kgハケ
ローラー
20.11〜0.1644〜643h以内2h以上
48h以内
6h以上
完全硬化
2日以上

※塗付量には希釈水が含まれていません。塗付量は条件により増減します。
※上塗り1回目に歩行用防滑骨材を混合することにより、軽歩行用防滑仕上げが可能。(添加量:300g/1缶)
※注意:シーラーの吸い込みが激しい場合は、シーラーを2回塗装してください。

②防滑仕上げ
工程使用塗料希釈割合
(清水)
塗装方法塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内工程間最終養生
素地調整新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日以上、冬季20日以上)、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因となるため、必ずポリッシャーまたはライナックス等でプライマーが含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。既設モルタル・コンクリート面では、油分・ホコリ・泥等を丁寧に除去・清掃し、充分乾燥させる。また、クラック・不陸等はプライマー工程後、あらかじめエポキシパテ等で充填しておく。
下塗り水系ボウジンテックス
エポキシシーラーII
主剤7kg 硬化剤7kg
既調合ハケ
ローラー
10.12
〜0.16
88〜11660分以内4h以上
48h以内
中塗り水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kgハケ
ローラー
10.11
〜0.16
88〜1273h以内2h以上
48h以内
硅砂散布中塗り乾燥までに7号硅砂を0.1〜0.3kg/㎡均一に散布する。
上塗り水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kgハケ
ローラー
20.11
〜0.16
44〜643h以内2h以上
48h以内
6h以上
完全硬化
2日以上

※塗付量には希釈水が含まれていません。塗付量は条件により増減します。
※注意:シーラーの吸い込みが激しい場合は、シーラーを2回塗装してください。
※7号硅砂より大きい硅砂で施工すると、摩擦等により硅砂が脱落しやすくなります。

③その他下塗り材
下塗りボウジンテックス強化シーラー
16kg
0〜2L
#5000Uシンナー
ハケ
ローラー
10.12
〜0.16
100
〜133
5h以上
24h以内

 

旧塗膜面の塗り替え

工程使用塗料希釈割合
(清水)
塗装方法塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内工程間最終養生
素地調整下地の汚れ・ゴミ・油分を除去し、必要に応じてサンダーにて目荒らしを行う。旧塗膜の死膜(フクレ、浮き、ハガレ部)をケレンし、活膜だけを残す。ワックスが塗付されている場合は除去して充分乾燥させる。
上塗り水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kgハケ
ローラー
20.11〜0.1644〜643h以内2h以上48h以内6h以上
完全硬化
2日以上

※塗付量には希釈水が含まれていません。塗付量は条件により増減します。
※注意:溶剤系アクリル旧塗膜(ボウジンテックス #1000)は水系ボウジンテックス プロエポプライマーが必要です。旧塗膜面は目荒らしが必要です。
※ボウジンテックスシリーズ以外の旧塗膜に塗装する場合は小面積で事前にテスト施行を行ってください。

溶剤系アクリル旧塗膜面の塗り替え

工程使用塗料希釈割合
(清水)
塗装方法塗回数
(回)
塗付量
(kg/㎡/回)
塗面積
(㎡/缶)
可使時間
(23℃)
塗装間隔(23℃)
工程内工程間最終養生
素地調整下地の汚れ・ゴミ・油分を除去し、必要に応じてサンダーにて目荒らしを行う。旧塗膜の死膜(フクレ、浮き、ハガレ部)をケレンし、活膜だけを残す。ワックスが塗付されている場合は除去して充分乾燥させる。
下塗り水系ボウジンテックス プロエポプライマー
主剤4kg 硬化剤8kg
既調合ハケ
ローラー
10.10
〜0.14
86〜12060分以内8h以上
48h以内
上塗り水系ボウジンテックスU
主剤13kg 硬化剤1kg
0.3〜1.4kgハケ
ローラー
20.11
〜0.16
44〜643h以内2h以上
48h以内
6h以上
完全硬化
2日以上

※塗付量には希釈水が含まれていません。塗付量は条件により増減します。
※旧塗膜面は目荒らしが必要です。

近くの塗料店へ
お問い合わせ